節約

「節約を始めたい!」と思ったらまずやるべき事

節約を始めようと思っても、何から始めたら良いのかわからない…。

 

そんな方のために、一人暮らし歴5年以上で節約マニアの私が「節約を始める前に絶対にやっておくべきこと」を紹介します。

 

この記事では

  • 節約って何から始めたら良いのかわからない
  • 節約しているつもりでも、あまり効果を感じない
  • 節約が続かない

そんな悩みを解決するために「節約を始める前にやるべきこと」を、3ステップで分かりやすく解説していきます。

 

それでは順番に見ていきましょう。

 

ステップ1 現状を把握する

 

節約を始める前に、まず出費を把握して現状を確認しましょう。

 

自分が何にどれだけお金を使っているかを把握する事で、節約するべきポイントが見えてきます。

 

節約するべきポイントは人によって違うので、自分の現状に合った節約をしないと、あまり効果を感じる事ができません。

より効率良く節約するためにも、まずは自分の現状を把握する事が大切です。

 

現状を把握する方法として最もおすすめなのは、家計簿をつける事です。

 

ノートやメモ帳に記録するのが面倒くさいという方が多いと思いますが、今はスマホアプリで簡単に家計簿をつけることが出来るので、それを使うのがおすすめです。

 

出費の種類は人によって異なりますが、最低でも以下の4つは記録しておくと良いでしょう。

  • 固定費用(家賃や光熱費)
  • 食費
  • 交際費
  • 趣味に使うお金

現状を把握することではじめて自分がやるべきことが見えてきます。

 

節約を始める前には、面倒くさがらずに家計簿をつけてみましょう!

 

家計簿の付け方と続けるコツはこちらから

家計簿の付け方と継続するためのコツをわかりやすく解説

家計簿の付け方がわからない。 面倒くさくて長続きしない。   そんな方のために、一人暮らし歴5年以上で節約マニアの私が「家計簿の付け方と継続するためのコツ」を紹介します。   この ...

続きを見る

 

ステップ2 目標を設定する

 

現状を把握することが出来たら、次は目標を設定しましょう。

目標を設定しないままがむしゃらに節約をしていては、効率も悪く長続きもしません。

 

目標設定の方法は簡単です。

 

ステップ1で記録した出費の中から節約できそうな項目を見つけて、その出費をどれだけ減らすかを明確にするだけです。

例えば家計簿が次のようになったとします。

項目 金額
家賃 60,000円
光熱費 16,000円
通信費 5,000円
交通費 15,000円
食費 50,000円
日用品 5,000円
交際費 15,000円
趣味 10,000円
美容 5,000円
保険 5,000円
合計 186,000円

 

この中から、まずは「光熱費」と「交通費」と「食費」を減らすことにしましょう。

 

この3つの出費を3,000円ずつ減らすことが出来れば、1ヶ月の出費を約1万円抑えることが出来ます。

 

すると、目標はこうです。

「光熱費、交通費、食費を節約して、毎月1万円貯金にまわす!」

明確で分かりやすい目標が設定できました。

 

このように目標が明確になれば、自然と節約の内容も見えてきます。

 

例えば

  • 光熱費の節約のために電気をこまめに消す。
  • 交通費の節約のために自転車通勤を始める。
  • 食費の節約のためにコンビニに行かないようにする。

などです。

 

このように、やるべき事をはっきりさせるためにも、目標は明確に設定しておきましょう!

 

ステップ3 優先順位を決める

 

目標の設定が出来たら、次は節約の優先順位を決めましょう。

 

優先順位を決めずにあれもこれもと節約に手を出すと、効率も悪く、やることが多くてストレスが溜まってしまいます。

効率よく、計画性を持って節約していきましょう。

 

節約を優先するのは

  • 明らかな無駄遣い
  • 出費の金額が大きいもの

この2つです。

 

明らかな無駄遣いとは、例えば「ソーシャルゲームの課金」や「衝動買い」などです。

これらは難しいことをしなくても、出費を断ち切るだけで節約になります。

 

また、節約してお金が溜まってくると、油断して無駄遣いが増えてしまうことがあるので、常に無駄遣いを減らすことは意識しておきましょう。

節約の最優先は、無駄遣いをできるだけ減らすことです。

 

次に優先するのは、出費が大きいものです。

なぜ出費が大きいものから優先して節約するかと言うと、そのほうが効果が大きいからです。

 

例えば、先ほどの家計簿で言うと「家賃」や「光熱費」がこれにあたります。

「日用品」の出費を10%減らすと500円の節約ですが、「光熱費」の出費を10%減らした場合は1,600円も節約になります。

このことから、出費が小さなものよりも大きなものから優先して節約していくほうが、効率的だと言えるでしょう。

 

また、光熱費を節約することで、毎月の出費が減ることになるので、ぜひ1度見直してみてください。

 

優先順位をまとめると

  1. 明らかな無駄遣い
  2. 出費の大きなもの
  3. 出費の小さなもの

となります。

 

効率よく節約するためにも、優先順位をしっかりと意識しましょう。

 

注意点

 

ここまでに紹介してきた3ステップを行う際に、注意した方がいい点を3つまとめます。

  • 現状把握は厳しく!
  • 無理な目標は立てない!
  • 家計簿の記録を続ける!

それぞれ詳しく解説していきます。

 

現状把握は厳しく!

 

現状把握のために家計簿をつけるのは面倒くさいかもしれませんが、細かく、厳しくつけていかないと意味がありません。

なぜがと言うと、把握していない出費を減らすことはできないからです。

 

ついコンビニでアイスを買ってしまったけど、面倒くさいから家計簿に書かなくていいか。

なんて思っていると、その出費はいつまでも無くなりません。

 

心を鬼にして、厳しく家計簿をつけていきましょう。

 

無理な目標は立てない!

 

目標を立てる時には、決して無理のないようにしましょう。

節約は継続が大切です。

例えば、「今まで5万円だった食費を1万円に抑える」というような無理な目標を設定してしまうと、ストレスが溜まって続かなくなってしまいます。

 

せっかく節約を始めても、すぐに心が折れてしまっては意味が無いので、自分に合った無理のないペースで頑張りましょう。

 

記録を続ける!

 

現状が把握出来た後も、家計簿の記録を続けましょう。

なぜかというと、家計簿の記録は節約の目標設定に役立つだけでなく、成果の確認にも使えるからです。

 

前の月に比べてどれだけ出費が減ったかを確認することで、節約のモチベーションにつながります。

 

効率よく節約するためにも、モチベーションを維持するためにも、家計簿の記録はとり続けましょう。

 

まとめ

 

ここまでに紹介した3ステップと注意点をまとめます。

 

節約を始める前の3ステップ

  1. 家計簿で現状把握
  2. 現状を分析して目標設定
  3. 無駄なもの、大きな出費から順に優先順位を決める

 

注意点

  • 現状把握は厳しく
  • 無理な目標は立てない
  • 記録を続ける

 

注意点をよく意識して3ステップを実践することで、何から始めたら良いかが分かり、より効果的に節約が出来て、長続きするはずです。

 

これから節約を始めようと思っている方はぜひ、実践してみてください。

-節約
-,

© 2021 MAKISE BLOG Powered by AFFINGER5