節約

電気代は「口座振替」と「カード払い」どっちがお得なのか解説

電気代の支払いは「口座振替割引」と「クレジットカード支払い」どっちがお得なの?

 

という疑問を解決します。

 

結論から言うと、口座振替とクレジットカード払いのどちらがお得かどうかは、毎月の電気代によって変わります。

 

2つの支払い方法の割引額と、電気代に合わせた支払い方法の選び方をみていきましょう。

 

口座振替割引の割引額を確認する

 

まずは、口座振替割引でどれだけお得になるのかをみていきましょう。

 

口座振替割引とは、毎月の電気代の支払いを口座振替にすることによって、電気料金が割引されるシステムのことです。

 

これを使うことで、コンビニなどで電気料金を支払うよりもお得になります。

 

まずは、契約している電力会社に口座振替割引があるかどうかを確認してみましょう。

 

私が調べたところ、北海道電力、東北電力、沖縄電力では口座振替割引がないので、そちらの電力会社を使っている場合はクレジットカードでの支払いをおすすめします。

 

その他の電力会社の口座振替割引額はこのようになっています。

電力会社 割引サービス名 毎月の割引額 年間の割引額
東京電力エナジーパートナー 口座振替割引サービス 55円 660円
北陸電力 初回振替契約 55円 660円
中部電力 口座振替初回引き落としサービス 55円 660円
関西電力 口座振替割引契約 55円 660円
中国電力 とくとく振替プラン 55円 660円
四国電力 口座振替割引契約 55円 660円
九州電力 口座振替割引契約 55円 660円

 

口座振替割引の割引額は、どこの電力会社も「毎月55円」となっています。

 

電力会社によってサービス名が違うので、申し込む際には気をつけましょう。

 

また、電力会社によっては契約プランごとに割引額が変わる事があるので、契約している電力会社で確認してみてください。

 

クレジットカードのポイント還元率を確認する

 

契約している電力会社の口座振替割引の割引額を確認することが出来たら、次はクレジットカードのポイント還元率を見てみましょう。

 

クレジットカードのポイント還元率は平均で0.5%」と言われています。

 

クレジットカードによっては還元率が1.0%のものがあるので、お使いのクレジットカードを確認してみてください。

 

また、公共料金の支払いで特典がつくクレジットカードもあるので、それを利用することでさらにお得になるかもしれません。

 

電気代によってどちらがお得か確認する

 

口座振替割引の割引額と、クレジットカードの還元率を確認したら、最後にどちらがお得か比べていきます。

 

毎月の電気代によってどちらがお得か変わってくるので、月々の電気代を確認しましょう。

 

口座振替割引とクレジットカード払いの実際の支払額を、分かりやすいように以下にまとめました。

クレジットカードは還元率が0.5%という設定です。

電気代/月 口座振替割引の支払額 クレジットカード払いの支払額
3,000円 2,945円 2,985円
4,000円 3,945円 3,980円
5,000円 4,945円 4,975円
6,000円 5,945円 5,975円
7,000円 6,945円 6,965円
8,000円 7,945円 7,960円
9,000円 8,945円 8,955円
10,000円 9,945円 9,950円
11,000円 10,945円 10,945円
12,000円 11,945円 11,940円
13,000円 12,945円 12,935円

 

このように

月々の電気代が11,000円以下の場合は「口座振替割引の方がお得」

という事になります。

 

反対に

月々の電気代が12,000円以上の場合には「クレジットカード払いの方がお得」

です。

 

また、還元率が1.0パーセントのクレジットカードをお使いの方は、「月々の電気代が6,000円以上でクレジットカード払いの方がお得」になります。

 

節約のためにも、電気代に合わせて賢く支払い方法を選びましょう。

 

契約の変更方法

 

最後に、契約の変更方法を紹介します。

 

だいたいどこの電力会社も、インターネットや電話での申し込みで変更可能です。

 

契約の際にもらう申込書の郵送や、窓口での変更も可能ですが、ネット申し込みや電話1本で変更する方が簡単だと思います。

 

また、金融機関の登録に時間がかかることがあるので、申し込みから変更まで1、2ヶ月かかる事もあります。

 

契約している電力会社に確認してみてください。

 

まとめ

 

結論は

「電気代の口座振替割引は、電気代が12,000円以下ならクレジットカード払いよりもお得になる」

ということでした。

 

クレジットカードの還元率が1.0%の場合でも、電気代が6,000円以下であれば口座振替割引の方がお得なので、ぜひ確認してみてください。

 

一人暮らしで電気をそれほど使わない私は、電気代が6,000円を超える事がないので、口座振替割引を使っています。

 

みなさんも賢く支払い方法を選んで、節約につなげてみてください。

 

「クレジットカード払いの方がお得かもしれない」という方は、公共料金の支払いで特典のつくクレジットカードがあるので、そちらもチェックしてみてください。

-節約
-, , ,

© 2021 MAKISE BLOG Powered by AFFINGER5